Q&A

公式サイトのどこを見ると有益ですか?

 筑波大学の公式サイトは非常にページ数が多く、結論から言うと多くの学生には関係のない無駄ばかりです。
ごく一部、有用なページがあるので紹介しておきます。
・入学前
学生宿舎・アパート情報
 ここから必死に情報を得ようとしたけど、本当に必要なものは載ってなかった

・入学したての頃
学群・学類(学士課程)
 これで筑波大学には何学類があってなんなのか、などを必死に理解しようとしてました
学群・学類入学案内
 5月ぐらいになるとACから全部ひっくるめた倍率が出てくるのでお楽しみに
アルバイト
 「新入生の募集は9月から」という文字で絶望。夏休み明けとか、夏休みこそ稼ぎ時だろ!!という。私は6月から新聞とって毎週の求人情報とにらめっこしてました
教職課程 
 教職とろうと思っている人は入学直後から毎日のようにチェックしたくなります。なぜなら「1年次からどの単位が必要で、どの授業が必要なのか」が書かれているから。1年次の間に取り損ねるとまずい、とかいうのにも気づけたりします。
研究施設・厚生施設
 このページにあるリンク「学内各施設の利用可能時間」が役立つ。私なんか最初の2ヶ月ぐらいは印刷して壁に貼りだしてたぐらい。今となっては「授業やってる間はどこもだいたい開いとるだろ」という固定概念やまぁ営業時間も雰囲気で覚えられてきたのであれだけど。

・今使っているページ
履修要覧
 あの重い履修要覧を持ち歩かなくてもWebから必要なところを分割して見れるというのは非常にありがたい。友達から「この科目必修だろ?」と急に言われ焦ってここで調べたら必修じゃなかったときの安堵感。ただしオンライン版が使えるのは1年生の間だけ。なぜなら2年生になるとそこにアップされるのは新1年生のものだから。
開設授業科目
 アナログ冊子をめくるのもいいけど、デジタルでささっとみれるのは楽。ノートPC開いてTWINSとこれ開きながらにらめっこすればスキマ時間でも時間割が組める。
学群:「総合科目」の紹介
 筑波大学1年生に課せられるのが「毎学期の総合科目を決めろ」というノルマ。総合科目一覧でぱっと見でとりたいものを選び、引き続きシラバスを見てあーでもこーでもないといいながら一覧とシラバスを行き来してようやくとる科目を選ぶ感じ。
キャンパス・施設紹介
 入学して半年以上経っても、未だにわからない棟があるのが筑波大学。キャンパスマップなるアナログ冊子が入学時に全員配布されるのでまぁそれ使えばいいんでしょうけど、常に持ち歩くのはむずかしい。スマホからでもサクッとアクセスしてキャンパス案内が見れてだいたいの棟の位置が把握できるのは実用的。まぁ要するに自分の知ってる棟からどう行けば新しい棟に行けるか、という情報さえゲットできれば何とかなりますからね。
学年暦
 これ非常に大事です。なぜなら高校までは行事予定表なるものがあって担任の先生が毎月配ってくれていたかもしれませんが、大学にはそのようなものはありません。自分から大学の予定を把握していかなければならないのです。期末試験がいつから始まるのか(授業でもアナウンスはされるけど)、夏休みはいつからいつまでなのか、そして振替授業日はいつなのか。振替授業日とは、休みの回数などの都合で「この日は暦的には月曜日だけど金曜日の授業を実施する」というようなやつです。となると何が面倒かというと、今日は月曜日で月曜日の時間割であればバイトに行けるにもかかわらず金曜日の時間割だからバイトに行けない、よってこの振替授業の日は休みもらわなければいけない、というやつ。だから学年暦は最低月1のペースで見ておかないと、振替授業日の存在を知らず大変なことになりますので注意。(平成25年度は24年度よりも振替授業日が増えてるのでさらに注意)

自転車はどこでどんな物を買ったらいいですか?

 つくばに来てまず買わなきゃいけないのが自転車、なんて言われてます。いくらお金がない学生でも、自転車代ぐらいは親に何とか工面してもらってください。ほとんどが2万円ちょいぐらいのシティサイクル。まぁ盗難されてもいい覚悟のものだよね。一部でごつい自転車を買ってる人もいますが二重ロックなどお忘れなきよう。
どんな自転車でも数時間にわたって第三者の目に触れる外に放置することになります。あまりに豪華な自転車だと一発パンク被害なんてされかねないのでやはり庶民的なものがいいと思います。(一軒家で敷地内に止めてても豪勢な自転車はパンクされることがあるのですから)
週に30kmぐらい走ったり(平均で往復6km×週5日。バイトするともっと)強風で転倒したり・・・おかれる環境は過酷です。4年間乗り通したいならアルベルトなど頑丈なものを。カゴが取れそうになったり、タイヤがパンクしたりと、いろいろとメンテナンス代もかかります。
 センターのイオンで宿舎入居日、入学式前に買う腹づもりでいる場合、試乗はあきらめてください。目の前で次々と本体に貼られていく「成約済」の紙。お気に入りの一台見つけても、数十分以内に即決してスタッフ呼びつけて自分のものにしないと他人のものにされてしまうかもしれません。人が多すぎてもはやパンク状態、次から次に客が来てスタッフはもはや対応しきれていない、買っても防犯登録だなんだ、その後も調整作業で1時間近く待たされて実際に引き渡されて乗れるのは数時間後になります。そして最後には用意していた自転車が全部売り切れ!完売御礼!になってイオンで買おうとしていた新入生は途方に暮れます。(実際は「サイクルベースあさひ」など自転車専門店もあります)
 最近は自転車を持ってない筑波大生も多いようですが、乗れないなら仕方ないですが、最初の時買いそびれてそのままだ、という場合はぜひ買っておきましょう。入学式の後は入手困難でも、5月になればイオンでも入荷が戻り、買えるようになります。

宿舎にカーペットは必要ですか?

 改修棟の場合はあらかじめそれらしきものがひかれているので必要ないと思います。未改修棟の場合は下はコンクリートに近い冷たい床なので必需品となります。断熱シート+カーペットが理想です。ただ断熱シートを敷くと床の感覚が変わってしまうので、その辺の折り合いも大事かと。

ジャージ登校できますか?

 できます。制服や髪型、髪色など服装の規定はありませんので、私服で授業受けられます。私は抵抗があるので、昼から体育の授業があっても朝からジャージ登校はせずに体育の直前に行儀よく更衣室で着替えてます。

合格した時点で大学の教科書買っておいた方がいいですか

 特に偏差値の低い高校の場合は高校の先生と穴埋め補習的なことをやるようになると思います。そのときに大学の授業で使う教科書を中古でもいいので準備しておけば、限られた時間で何をすべきか見えてくると思います。

混む時間、場所

 2限のあと、つまり11:30から30分程度はすべてのエリアで食堂は大混雑します。ゆっくり食べたいのならその1時間前後を狙って(高校生も大学見学に行くならその時間は避けたほうがいいかと)。3A棟のコンビニは8:30、11:30、と混雑します。朝ピーク昼ピークがあるのは他のコンビニと変わらないのですね。ペデは授業間の休み時間に混雑します。特に月1,月2の間の総合科目は1年生のほとんど千人弱?が各エリアから一斉に動き出すのですごいことに。大学会館の近くにあるゆうちょや常陽銀行のATMは筑波大生が起き出す13~15時の休み時間がピークです(前述した写真のようになります)。当日振込の駆け込み需要がある気がします。図書館は昼の時間帯は人が多いですが、逆にそれ以外はほとんどいないです。

賢い単位の取り方教えてください

 一にも二にも授業に出ることが一番の単位取得の近道なんですが、この前提を差し置いてお話ししますね。ほどよく活用するのはいいですが悪用はしないよう。後述していますが、「いろんなすべ使ってでも単位とるのが大学生」という芸術の先生の言葉、まさにその通りですね。
・出席だけ書いて帰る あるいは代返  (筑波大学は自称「開かれた大学」なので代返はしやすいと思います)
・出席とらない授業はもはや出席せず期末試験一本勝負  (リスク高いけど賢ければ余裕ですよね)
・友達のレポートをほどよくパクる  (丸パクはばれます)
・総合の時間は寝るか内職する
・Zや実委やクラ代やサークルに入り、先輩が残した過去問や過去の課題を入手する  (試験を制したければ過去問を制しろ!)
・「持ち込み可」といわれたら手書きしてでも過去問を持ち込む

落とし物みつけたら?

 教室に先生がいるならその先生に、いないならその教室を管轄する支援室に届けた方が一番いいかと思います。(各エリアで支援室がどこにあるかぐらいは知っておいてほしいところ)

迅速な会計処理(食堂)

 超混雑してる昼の食堂で400円ごときの商品に5,000円出してる人いてびっくりしましたが、毎日500円玉を準備しておけとまではいかなくても、1,000円札ぐらい準備しておいてほしいところ。私は混雑時はできるだけちょうどにするように心がけています。出しても1,000円札までですね。混雑時に1万円札を真顔で出す人はちょっと・・・と思ってしまいます。

勉強死にかけたら?

 まずは演習書に頼ってみましょう。それでも無理なら友達、それでも無理なら先生に泣きつきましょう。TAさんと仲良くなることが単位取得の最短経路、かもしれないです。


教科書買えなかった場合は?

 教科書販売をやっている間に買えれば一番いいのですが、知らなかった、あるいは終わっていたり、あるいはやっていてもその本だけ在庫がなかった、とかで教科書ないまま授業を迎えることもあります。でも対処法はいくつかあります。買えなかったからと言って書籍部にキレないように。もっと早く買えばよかっただけじゃない・・・。
少し時間がかかってもいいので10%値引きがほしい!という場合はオンライン(学内限定)で書籍部に注文しましょう。1週間程度で入荷メールがきて、実際に書籍部に行って引き取れます。会計はその場で。
それすら待ちきれない!価格少し高くなってもいいので明日にでも!すぐ発送!!とかいう場合はamazonがおすすめです。ただ古い版だったりするのでお気をつけて。先生が教科書として指定する本はよっぽどでない限り名前のしれているものですので、amazonでも普通に売ってます。(高校までのように文科省の検定とか関係ない一般の書物が教科書ですので、教科書センターに行かないと買えない、なんてことはないです)

上京するのはいつがいいですか?

 大学の受験案内や入学案内の中に、ものすごく安い宿泊施設(筑波研修センター)があって「受験生・入学予定の学生はこちらをご利用ください」などとありますが、ものすごく安いだけに素泊まりに近く、現代とはとてもかけ離れた昭和初期のクオリティの部屋ですので、英気を養うという観点でも、ここには入らず、やはりちゃんとしたホテルとかの方が良いでしょう。冷暖房完備とありますが、「ウインドエアコン」というエアコンで付けるとうるさいので、私は即消しました。昔とは異なり、つくばも発展しているのでたくさんのホテルがあります。また料金もつくばは田舎ですので、それほど高くはありません。この宿泊施設に学生を泊まらせることで、宿舎への抵抗をなくしているのではないかという裏も読めてしまいます。特に当日の体調も合否に関わってくる受験生は、多少高いお金を積んでも良いホテル、良い部屋に泊まるのがベストだと思います。
 で、上京に関してですが、変に早く来ても時間を余すだけですし、宿泊費が余計にかかるだけです。自転車も無い状態でつくば周辺を散策するのは限界があります。というか無理です。ですから入学式あるいは宿舎入居の前日ぐらいにつくば入りして、宿泊施設でゆっくりして翌日に向けて英気を養っておくのがよいと思います。という私は入学式の1週間前ぐらいからつくばにいましたけどね。
徒歩でいろいろ散策した、といっていた先輩もいますが、おそらく入学直前にその余裕はないと思います。入学してからでもいろいろ散策はできます。むしろ入学して自転車をゲットしてから自分で開拓していくのが面白いのではないでしょうか。
入学1ヶ月前につくばに来て、アパートも決めて、車も買っていろいろ散策できれば、他人の何倍も豊かな生活を送れることでしょう。

2年次以降、開設授業科目一覧や健康診断はどうなりますか?

 開設授業科目一覧など:春休み中に指定の時間に指定の教室にとりにいきます。取りにいきそびれた場合は支援室にいくと受け取れます。履修要覧は入学したときのものがずっと適用されるため配布されません。
開設授業科目一覧 
健康診断:これも掲示が出ますので学年学類ごとに指定された時間に行きます。その時間が都合が悪い場合は他の時間でも大丈夫なようです。(ただし他の時間帯に行くと1年生が優先されて上級生は1時間近く待たされます)
必修英語:落として通年授業を再履修したい人のみ、外国語センターに出向いて履修クラスを交渉します。
必修体育:初回授業は大学会館にてオリエンテーションを行うのでそこに出席して指示を仰いでください。その時間に出席できない場合は体育センターに自分で出向いて「追加オリエンテーション」となり寂しい科目の中から選ぶことになります。体力テストは春ABの10回中2回分を使って行われます。
体育オリエンテーション 
奨学金:2月ごろに掲示が出ますので支援室に出向いて申請用のID、パスをもらいます。ここにアクセスして、来年度も奨学金を受け取るか否かを選択します。「大学で成績を審査うんぬん」と書かれていますがほとんど審査されてないです。(学生数が多すぎて無理) 1年で15単位とれずに除籍フラグが立ってる人は明らかなのでひっかかるかもしれません。
教職:2年次以降、毎年GW明けごろに教職カルテの提出が必要になります。

Googleマップできさらぎ駅と検索すると筑波大学が出てきますが?

Googleマップは、一般のユーザーからの場所追加を受け付けているため、過去のユーザーのいたずらかと思われます。
きさらぎ駅でいわれるような不審な?場所ではありませんのでご安心ください。

英語の授業はありますか?

国際総合学類の英語の授業・大学院の授業など一部の授業を除いては、すべて日本語による授業です。95%は日本語です。
他の大学は国際化だの何だのといっていますが、筑波大学はあまりそういうのは興味ないようです。学生が疲れる以前に、教授も全部英語でしゃべるのは疲れるらしい。留学生等の場合は、ある程度日本語が理解できる前提でないと学ぶことは難しいでしょう。

東京にもキャンパスがあるようですが?

確かに東京(文京区)にもキャンパスはありますが、社会人大学院向けで、それ以外の方は筑波キャンパスに入学です。
東京キャンパスの授業を取らされたり、行き来はありません。筑波キャンパスに入学すると、卒業まで筑波キャンパスです。
一般的には筑波大学=筑波キャンパスと解されるので、本サイトでは筑波キャンパスのみを取り上げています。
東京キャンパスのサテライト室は筑波キャンパスの学生でも利用できるそうです。東京に行く機会があればぜひお試しを。

合格しましたがどうすればよいのでしょうか?

掲示板や公式サイトで合格を確認したら、まず数日お待ち下さい。大学から速達で正式な書面が送られてきます。
速達ですので概ね3日程度で届くと思いますが、離島の場合は5日ぐらいかかるかもしれません。
その書面の中にどのようにして入学手続をするかが書いてあるのでそれの指示に従って下さい。

大学からの通知が届きません。

合格したら入学確約書や誓約書などを送る必要がありますが、期日までに送っても受け取ったという大学からの返答はありません。記入漏れなどがある場合は連絡があるかもしれません。特にACや推薦の場合は3月末まで何も来ないので余計に不安になるかもしれませんが、余計なコスト削減のために送付タイミングを前期や後期と合わせていると考えると納得できますね。

筑波大学内の道路は道交法適用されますか?

警察庁が見解を出しており、「関係者以外入構禁止」と看板があるものの管理者がいちいち許可を出しているわけではなく外部の車が自由に通行可能な状態になっている。よって道交法の適用対象だ、といっています。なのでループ道路であっても免許のない人が自動車の練習をしたりナンバーのない車を走らせたりスピード違反をすると捕まります。注意しましょう。



上へ - トップ - つくば - 授業 - お店 - 用語 - Q&A - 宿舎