研究学園地区  ←今HOTな街!!

イーアスつくば

営業時間 10:00~21:00(カスミは24時まで、MOVIXは9:30~24:30)
イーアスつくば  
  
 少し遠いですが、筑波大生で知らない人はいない、研究学園駅の近くにある超大型商業施設。2008年開業。つくば駅の一駅隣の「研究学園」エリアにあります。この研究学園エリアは、つくばの副都心(本当か?)と位置づけられ、近年ものすごい勢いで開発が進んでいます。イーアスはその開発の初期、URがJARIの自動車テストコースを追い出した跡地に建設されています。由来はもちろん「いい明日」(本当か?)
※圏央道がつながり、つくば市の人口が増えた(毎年2,000人増:平成24-29年で1万人増)影響で、毎日のように店や大型マンションがドカドカ建つなどバブル時代を思わせるような研究学園の発展によりイーアスも煽りを受け、土日祝はかなり混雑するようになりました。周辺道路は大渋滞、駐車場は1時間待ち、スタバでコーヒー一杯買うのも10分待ちなど。ゆっくり楽しみたいなら平日夜がおすすめ。
 イオンモールみたいな感じだが、イオンモールとは違いダイワハウス建築・運営なので建築会社の意地が垣間見える。季節ごとの飾り付けなど細かいところの気遣い、クオリティが高い。家の雰囲気ですね。イオンとは違い商売色むき出しではなく、何色の宗教にも染まっていないのは好印象。敷地は比較的余裕を持って作られており、外には照明をあしらったデートスポットのような場所も。
 ファッションも何でも揃う、食事も「すき家」から「マクドナルド」などなど勢揃い。100円ショップや映画館、市内随一の大型書店、スーパー(カスミ)、電気店、などなどほぼすべてのジャンルを網羅している。歯医者や結婚式場まである徹底ぶり。一応自転車で行ける距離(三学エリアから片道20分)。大学の近くでバイトするのが嫌だという人がよくここの店で働いてたりする。(でも所詮筑波大生も多くくるので実質あんま変わらない)
 「筑波大学 ラグビー部準優勝」というのぼりを出してたぐらいですからどれだけ筑波大生(≒親の仕送り)で商売なりたってんだ、と思わせるぐらい。最近イオンモール(後述)に危機感を抱いてるのか、大規模にテナントリニューアル。
イーアス全体での独自のポイントカードを導入しているのも特徴。昔はユニクロでは使えなかったりしたが、2016年頃に使えるようになるなど、対応テナントも増えてきている。

研究学園とりせん

営業時間 9:00~24:00
研究学園とりせん 
 桜のまるものようなスーパー。アイスが年中88円。イオンに匹敵。冷凍食品も毎日半額(これが普段の値段。)セルフレジ対応。
そのほかの商品もカスミではありえない値下げを敢行。(ポテチ88円→70円など)こちらも何色の宗教にも染まってない純粋中立なお店。

コストコ(2013/7/25オープン)

 営業時間 10:00~20:00
コストコ 
 アメリカ発祥の会員制大量買いショッピングセンター。全国に18しかない店のひとつにつくば研究学園が選ばれたのはなんとも・・。
常磐道「谷田部」、圏央道「つくば中央」とアクセス良好で土地も今なら安いと、こぞって外資系の会社が手を出しています。
週末の昼は常に満車で、近隣道路が渋滞するほどです。ナンバーを見ると「足立」??
店内に入るためには、年会費有料のカードが必要ですがバイトとして働けば無料とかいうよくわからない制度。

トライアル(2014/10/14オープン)

営業時間 24時間
トライアル 
 研究学園の今後の発展を見越し、24時間食料品・衣料品などなんでも取り扱うホームセンターがオープン。DVD、コピー用紙からパジャマ、シャツ、ペットの餌まで、何でも揃います。(カー用品、家電、医薬品は夜中は閉鎖)

ドンキホーテ (2015/3/27オープン)

営業時間 10:00~02:00
研究学園ドンキ  宇宙  V
研究学園のニトリ近くにオープン。ドンキ自体が研究学園の景観にはマッチしないですが、コストコも成功してるしGoと判断したのでしょうか。
ドンキ出店当初は24時間営業での申請だったが、「ドンキは研究学園には似合わない」「24時間営業はヤンキーのたまり場になる」「隣は歯医者だ」など住民説明会で批判が大きく、一時期は出店断念かと思われたが、景観に配慮すること、深夜2時までの営業とすることなどで折り合い、計画より遅れて出店にこぎ着けたようだ。写真を見れば分かるように、通常のドンキと異なりネオン類は一切無し、ギラギラ感はなく、天井も低く抑えられ、極めつけはつくば市民が崇拝する「ロケット」をモチーフにしたエレベーターや、「TX」を飾る写真など、ドンキとしては珍しく配慮に配慮を重ね、つくばに寄り添った出店をアピール。これには感動すら覚えますね。
圧縮陳列?なる迷路的な陳列法はつくばでも健在ですけどね。
売上は平日昼間でもそこそこきており、大繁盛とまではいかないが、まだまだ品揃えなど試行段階にあるようだ。そして客層もヤンキーやど派手な人間はおらず、ごく普通の人々が利用しているのも驚きだ。

ユニクロ

ららが営業時間 10:00~20:00   イーアス営業時間 10:00~21:00
 LALAガーデンつくばとイーアスつくば内にあります。

GU(ジーユー) 2013/4/12オープン

営業時間 11:00~20:00(平日) 10:00~20:00(土日祝)
GUつくば
 ユニクロの子会社が運営する「ユニクロより安い」ブランド。服のセンスなどこだわらない、気軽におしゃれがしたい若者などに人気だが、残念ながら大学近辺にはなく研究学園まで自動車なり自転車を走らせなければいけない。

ニトリ

営業時間 10:00~20:00(平日) 10:00~20:00(土日祝)
ニトリ  
 研究学園にあります。山新グランステージ、ホーマックとあわせれば生活用品に関して揃わないものはないです。車の免許もってればトラック無料貸出のサービスを使って大きな商品や割れ物も即日持ち帰れます。きちんとしたものやアイデア商品がほしければホームセンターへ。

山新(やましん)グランステージ

営業時間 9:00~20:00
山新グランステージ  
 研究学園にある、2階構成で1階がホームセンター、2階が生活用品の店。広すぎ。端が見通せません。数百メートルあって1回往復するだけでも足に来ます。おそらくつくばで一番広いです。一日ではとても全部の商品を見ることはできないです。ここで揃わないものははっきり言ってないです。1階あたりの面積でみるとイーアスつくばとほぼ同じぐらい?(いやイーアスよりも広いかも)
付属してペットショップやカー用品店もあったりします。

つくば市役所

営業時間 8:30~17:15(平日)
 
店ではないですが一応載せておきます。建物は2010年に完成したものでかなり巨大。入っても何が何やら分からず迷子になるほど。

かなり遠め

イオンモールつくば(2013年3月15日オープン)

営業時間 10:00~21:00
※予想以上に客が来ないのか(残業したら深夜にかかるというのもありますが)、2015/2/2から終了を1時間短縮し21時に。

※2018/9/1から専門店・フードコートを9時開始から10時開始へ。
イオンモールつくば

 イオンが本気出しました。つくば駅から350円でシャトルバスが出ているので車がない人でも行けます。つくば牛久ICから1kmしか離れていないとんでもない立地に広大な敷地で建てられたイオンモール。イーアス、あみプレミアムアウトレットに対抗でしょうか。
イオン全体でも上位に位置するほどの驚異的な広さ。そしてなぜか平日昼間でも駐車場が満車で週末は駐車するのに15分ぐらいかかる。
山新グランステージと同じく、端から端まで歩くだけで疲れます。すべての店をまともに見ようと思うと1日かかりますね。
イーアスより体感で2割ぐらい広いし店も多いです。でも派手でごちゃごちゃしててイオンの商売魂が見え見えで落ち着かない。単に広いだけで店を押し込んで吊り広告ありまくりと、広告少なめで少し余裕があるのとどっちをとるかですね。「イオンはどこにでもあるしやっぱりイーアスかな」「でもイーアス混んでたらイオンかな」というのがつくば市民の過ごし方です。
 
外部棟にできた「ウエスト珈琲ハウス」はおすすめ。スタバよりもさらに上品な空間が欲しいあなたへ。

あみプレミアムアウトレット

営業時間 10:00~20:00
あみプレミアムアウトレット   
アウトレットとは、正規品を定価より安く買える店のこと。開封済が気にならない方にはぜひ。
阿見東IC直結の好立地!三菱地所グループが建設。かなり遠いので、車が必要です。
似たような施設は全国にたくさんありますが、「プレミアムアウトレット」は全国にたった10しかありません。




上へ - トップ - つくば - 授業 - お店 - 用語 - Q&A - 宿舎