バイトしましょう!

 高校まではバイトも禁止されてたり許可制だったりしたかもしれませんが、大学ではそのような束縛からは解放されます!しかも18歳になれば深夜も働けます!稼ぐチャンス!(でもほどほどにしないと単位ちゃん・・・)

バイトをするメリット

 なんせ自由に使えるお金がもらえる!
大学とはまた違う年の離れた人間関係を構築できる!大学では下っ端の後輩でもバイト先では先輩になれたり!
みんな秋からやってるが、夏休み前からを強くお勧め!(ただし夏に免許合宿行きたければ明けからの方がいい)

どうやって情報を仕入れるか

@ 新聞を取って毎週週末に折り込まれる広告、コンビニに置いてある求人誌から
A ネットから
B 友達や先輩、大学の掲示による紹介から
C 店の張り紙
受かりやすさ  B>C>@>A     友達、先輩のコネ採用はほぼ確実に受かります。信頼できるこの人の紹介なら…という心理があるので。
 また、職種によっても受かりやすさや即採用かどうかは変わってきます。
職場はインフラです。特に店で働くなら店は公共のものですからその上で私たちがスタッフとなって給与をいただく、ということですね。
採用の上で面接は絶対です。面接なく働ける職場はありません。一般的には会社や店舗に電話して面接の日時を決めて面接に行きます。履歴書はほとんどの職場で必要です。(いらないという職場もありますがごく少数です)だいたいつくばの時給は800円(最低賃金+30円)が相場です。田舎なので。

職種 時給目安 負担 採用 備考
飲食店 最低賃金+50 料理を作る、運ぶなど比較的重い 即採用〜数日後連絡 まかないや半額券もらえる場合あり。威勢のいい人求めてる感
閉店作業で残業あり
コンビニ 最低賃金 楽。基本レジでつったってるだけ(実際はそんなことないです) 即採用 中には他の飲食店では当たり前のまかないがある店も。
楽そうに見えるが実際はひたすら洗い物と掃除、道案内、ゴミ捨てゴミ拾いをやらされるだけの職種。時には重労働も。レジはおまけでしかない。客が多い店だと割が合わない。自分が働く時間帯がどれくらい客が来るかを事前調査した方がいいかと。
*大学近辺は友人や教授に会う可能性大!
コンビニバイトの醍醐味「廃棄の持ち帰り」については店によってちがう
塾講 時給換算
\1,000(小学生)
\1,300(中学生)
\1,600(高校生)
勉強を教えるだけかと思いきや定期テストの面倒をみたり予習したりと業務外の負担が多い。時給換算とあるのは75分や90分1コマ給としている塾が多いため。
1:1のほか2:1や3:1の塾もある。
採用テスト有。(高校数学レベル)
即採用〜数日後連絡※仮に学力なくうかれたとしても生徒を受け持ったときあらが出る
時給は高いがあまり入れてもらえず月給としてはほかと変わらないという噂も。それなら自由に収入を調整できるほかの職種のほうがいいかも
頭さえよければなんでもアリ。ゆえに社会のルールは身につかないように思います。
家庭教師 \1,300 他人の家に入り他人の騒音の中勉強を教える。 地域内に生徒がで次第連絡 塾講+他人の家に入るというプレッシャー。
カラオケ・レンタルショップ 最低賃金+50 来客対応、注文の電話取り、各ルームへの電話などリアルタイムで振り回される 数日後連絡 時給の割には忙しそうというイメージ
閉店作業で残業あり
スーパーのレジ 最低賃金+50 休日、夕方は特に忙しい。桜地区の場合、知り合いにあう可能性が高い。公開処刑。 即採用〜数日後連絡 ひたすらレジ打ちだけ。反復作業ですね。夕方や土日など客の多い時間は時給UP
閉店作業で残業あり
*桜カスミ、カワチは筑波大生多いです
学食・粉クリ・図書館など大学施設 最低賃金 知り合いにあう可能性が非常に高い。公開処刑であり非常に危険。秋から募集。 数日後連絡 友達に会っても何食わぬ顔で業務できるかどうか
パチンコホール \1,200 たばこの煙 即採用〜数日後連絡 平日夕方でもこの時給。単に金だけほしければ。その分の代償は大きいけれど。(たばこの副流煙、酔っ払い、人に堂々と仕事の内容を言えないなど)

 ちなみに深夜(22〜6時?)は法律により昼間時給の25%UPが義務づけられているため、例えば昼時給\800のバイトなら1.25倍で深夜帯は\1,000になります。ちなみに塾講や家庭教師は夕方がメインとなるため深夜の勤務はありません。

先輩はこんなところで働いています
桜カスミ(レジ、棚陳列)、スーパーまるも(レジ、棚陳列)、ガソリンスタンド、大学近隣のコンビニ、イーアスの本屋、イーアスのアパレルショップ、イーアスのスタバ、ファミレス(キッチン、ホール)、松屋、すき家、桜のブックオフ、明光義塾、粉クリ、家庭教師、派遣

 ネットで検索してみると時給1,400円!リッチな生活!とかって募集かけてるのもあるけど、人が来ないという前提で求人してるから、相当な職種でないと一発合格はなかなか厳しい。
月収例  時給800円×1回5時間×週3×一ヶ月4週=48,000円  コマ給1,500円×2コマ×週3×一ヶ月4週=36,000円
※親からの仕送りがあるのなら月2万ぐらいに抑えること。それ以上は学業に悪影響を及ぼしかねない
三食バイト募集
これ公開処刑の例(2013年春)ですね。でも時間帯的には知り合いに遭遇する確率は昼よりは低いかも。ちなみに2012年度の茨城の最低賃金は699円でした。

履歴書

 スーパーやコンビニや文具店で売ってる200円4枚入りぐらいの履歴書で書くと「所詮私のところへの思いは安物の履歴書程度か、そんなもんか」扱いされます。とても危険です。
そこでこのサイトで履歴書を作成することをお勧めします。写真は桜カスミやカワチやに機械があるのでそこで発行するとよいでしょう。
志望動機ですが、むこうはプロです。薄っぺらい動機は金がほしいだけなのかとばれます。ウソでもいいからウソを大量に並べて、「社会経験を積みたい」「お客さん(生徒さん)の笑顔が見たい」「給料に見合う仕事ができるよう一生懸命努力します」などなどポジティブに自分の思いを綴りましょう。自分で読み返しても思わず鳥肌が立つぐらいがちょうどいいです。

飲食店の例
「普段から人と話すことが好きで、さらに自分の経験を生かしながらコミュニケーション能力や接客能力を磨きたくて応募いたしました。お給料をいただく以上はそれに見合う、それ以上の仕事を一生懸命ぬかりなくやりたいと考えています。どのような仕事も自分の経験を積むためと思ってやらせていただきます。先輩のスタッフ方とも協力して、盛り上がる店舗作り、清潔な店舗作り、お客様に愛される店舗作りをしていきたいと考えています。」

塾講の例
「高校の先生を目指していて人に教える経験を積むべく、特に国公立大学への進学に力を入れていると聞き、少しでも力になればと思い応募させていただきました。問題がわからないときには優しく教え、ときには厳しく指導します。自分が勉強したときに効率のよかった覚え方を教えてより多くの生徒から愛され、頼りにされる講師を目指したいと考えています。教えるだけではなく常に学ぶ精神も大事にしたいと思います。」
塾講は人の将来が懸かっている(同じ時間は二度と戻ってきません)。生半可にできない。そのため時給が高い。ということで動機も堅く。

カラオケ店の例
「接客が好きでこの仕事に応募させていただきました。よくこの店を利用していて、清潔感があって素敵な店だと思ったのでここを選びました。まずはルームの掃除やマイクの充電などから一つずつ、お客様に満足いただけるカラオケ店を目指し、自分から進んで仕事を見つけててきぱきとこなして、多くのお客様から愛されるスタッフになりたいと考えています。」

 面接ではとにかく自分を押す!相手を圧倒するぐらいしゃべりまくる自分を訴える!堂々と行きましょう!引っ込み思案では落ちます!
相手が話していても割り込んで話すぐらいの気迫が必要!!(必要以上に割り込むと逆効果)
最後の「なにか質問ありますか」でないと答えると「あぁそんなもんなのか」と思われる。せめて「シフトはどのようにして決まるのか」や「給料日は何日締の何日振込なのか」や「お客さんはどれくらいの年齢層なのか」「スタッフはどれくらいの年齢層なのか」「研修はありますか」「交通費はどれくらい出るのか」「有給はとれるか」「休み希望はどうするのか」などなど。
給料はほとんどのバイトが「振込」となります。桜カスミ、カワチ および イーアスつくば および キュート および 学食 にてバイトをするのは公開処刑です。
店に電話するときはたとえ従業員同士であっても「今時間大丈夫ですか?」と聞くのがマナー

当たりな店とはずれな店

1.給与の振り込み日

◎末締め10日振  給与の計算がしやすいしライフラインの引き落としがない間に入ってくる
△15日締25日振  25〜31日にかけてはライフライン系の引き落としが多い。それまでにバイト代が入らないとちょっと厄介
×末締め15日振   15日のブランクは大きい。10日振と15日振、たった5日だけど待つ方としては10日ぐらい待つ感覚
×現金渡し     紛失のリスクを考えるとちょっとね。

2.定着期間

「一番長く働いているスタッフの勤続年数を教えてください」とでも言えば教えてくれます。学生がメインの職場であっても一番長い人で3ヶ月なんていうのが返ってきたら一発ブラック。最低1年か2年はほしいですね。もし面接の結果で合格をもらったとしてもそのときの電話なりなんなりで「申し訳ないですが都合でお断りします」とでも一言言えばそれで済むお話。仕事というのはこちらが承諾しないと始まらないので、もちろん断る権利もある。

ブラックバイト

 2012年は話題にも上ってきませんでしたが、法律に疎い学生を利用して人件費を抑えるいわば「ブラックバイト」がついに表面化してきました。
すき家の「牛すき鍋定食」でバイトが大量退職し店が回らなくなり、芋づる式で夜勤ワンオペなどの問題が出てきたのは懐かしいですね。
コンビニ等・・・店ばかりが増えて人手不足がさらに顕著に。消費増税で労働者を安く使いたい。正社員を減らしてバイトで回したい
大学生・・・とにかくどこでも働きたい

以下のような職場はブラックバイトですので、即刻退職、給与明細など各種証拠書類を持って労基署に通報をお願いします。SNSあるなら晒すのも効果的
バイトをはじめるまえに労働基準法は最低限熟読のこと!!
使用者へ。人間を使う以上は労働基準法、最低賃金法等[労働者優先]の法律に縛られるので、法違反してまで人件費減らす悪さは諦めろ!!
1  残業しても「お前の仕事が遅いから」等言われ、定時で上がったものとして処理される
  ・・・違法です!!しかも残業は25%割増が必要です
2  自由に使える休憩を与えない
  ・・・6時間超=45分、8時間超=1時間の休憩が必要。休憩は「店外に出てはいけない」等制限せず自由に使えるもの。分割してもよい
3  4週間で4日の休みを与えない
  ・・・連勤はただちに違法とはならないが、常識の範囲内で抑えて頂きたいところ。基本的には1週間に1日
4  30日前に一方的に解雇された
   ・・・30日前の使用者都合の解雇は30日分の平均賃金を支払わない限り違法。例:10日前予告解雇の場合、20日分を支払えばOK
   *労働者側から辞める場合は最低14日前に予告のこと。その場合は支払無。14日より前(バックレ)は損害賠償されても文句は言えない
5  クリスマスケーキや各種ギフト商品の強要、レジの違算支払、業務上故意ではない損害(落とした壊した)商品の自腹
   ・・・違法です!!
6  休むと伝えているのに「今日出てくれないと辞めてもらう」等の脅迫
   ・・・違法です!!穴を埋めるのは管理者の仕事
7  人手不足を理由にシフトを増やされた
   ・・・人手不足はわかるが学生は勉強する立場!!あなたが単位とってくれるのですか?
8  塾講は時給は高いが、予習復習の賃金は出さない
  ・・・業務遂行に必要な前後の処理は準備も含めて全て労働と見なされる。よって「賃金不払い」に該当し違法です!!
9  6ヶ月継続勤務し、うち8割以上出勤したのに有給休暇(バイトでも取得可能)を出さない、説明しない
  ・・・違法です!
10  研修時給が最低時給を下回る
  ・・・研修期間中でも最低賃金を下回ってはなりません。最低賃金を下回る賃金は無効です
*労働局長の許可があれば研修期間中その他該当の場合は下回っても良いが、いちいち許可を出している経営者は皆無

授業の様子

 教科書は書籍部で新学期開始から数週間の間は特設スペースが設けられて販売されます。早い内に買わないと売りきれます。授業によって使う教科書が違うので高校のように一年ごとではなく毎学期ごとに買わなきゃいけない。毎学期あたり1万円ぐらいの覚悟を。
書籍部 

 だいたいどの教科書も一冊2,000円から3,000円程度します。なのに大学では高校の試験対策のように一言一句逃さず精読するようなことはしません。いわゆるざっと読みです。参考書籍、程度です。そのために新品買うのはもったいないという人では中古でもいいと思います。ただ書籍部には中古はおいてません。
 どの授業でどの教科書を使うのか分からないと思います。3枚目の写真のように学類ごとのコーナーに行くと一覧表があるので、それを見て必要な教科書を購入します。また教科書の特設コーナーは新学期始まって2週間ぐらいとなっていますが、その間レジが2台増設されて4台体制になります。

大学の授業って?

授業の様子
(coins:ソフトウェアサイエンス概論T@3A403の授業風景)
 大学生になると「大学生=お客様」扱いされるので授業を受けるのにいろいろな学生としての特権を行使できます。
・講義室内の電源(コンセント)は無料で自由に使えます!許可不要でノートPCや携帯など自由に充電し放題です!盗電?そんなもの知りません!
   数が限られているので、延長コード持参したり仲良く分け合いましょう
・休憩中は飲食自由、授業中も飲んだりPC携帯自由 (タイピング音は可、着メロなどまわりに迷惑かかるのは避けた方がいいよねマナー的に)
・大学の無線LAN使い放題!速度も速いしフィルタリングないし快適!
・机の上にペットボトルや缶立てるという今までではあり得ない行為!ペットボトル飲む→机の上に置いても先生は注意どころか気にもしません!(逆に先生も授業中に飲んでたりしますし)
※ただし先生によります。教室によって飲食持ち込み不可の場所あり(外国語センター各教室、計算機室、サテライト室など) 計算機室で飲食がばれた場合、やった人がわかれば掃除、わからなければ24時間閉鎖などの処分を受けることも。

大学生必須アイテム

 時計は教室によってあったりなかったりするので各自持ち込みましょう!男子だと電波時計防水じゃないとだめだろ!といわんばかりのG-SHOCK的なごつい時計、女子だとファッション性を重視して軽い小さい安いピンクっぽい時計をつけてる人が多いです。一つ買っておけば期末試験の時にも時間配分しながら問題解けるので楽です。
 大学では授業の度にレジュメが配られる授業が多くあります。そのほかにも、「この紙に課題をかいてこい」であったりいろいろです。そのため、授業が始まる前に各教科のクリアファイル、クリアフォルダを作ることをお勧めします。(10枚程度買うことをおすすめ)授業が始まってからでは大量にプリントが散乱してしまって収拾がつかなくなります。

欠席のすすめ

 高校までとは異なり、先生はあなたがくるのを別に求めてはいません。
@ 欠席が全体ではなく科目ごとに管理される。担任に情報がいかない
A 欠席は成績に直結するが評定はA+,A,B,C,Dの5段階であり点数は出ない
B 4欠席以上は欠格条件として自動的に単位が出ないが、1欠席2欠席程度であれば成績への影響は軽微(これを利用して期末前の授業を1週間ぐらい休んで帰省する人もいたり)
C 体育などの実技科目は比較的欠席しても単位が出やすい(期末試験[最後の授業]への出席で補える)
というのもあり、最初は意識高くても1年生でも夏休み明ければ以下の理由を自分の中でつけて授業を休みたがります。
例:
・Cでもなんでも単位こればなんでもいいや、期末テストがんばればなんとかなるやろ
・課題ができてない。当てられたら怖い
・まだ残機()があるから
・病院に行くので出られない
・今日発売のソフトがすぐほしくて宅急便の時間指定してるから
・遅れて行くのがきまずいから(体育など)
・1限2限だから、朝起きれなかったから
・旅行に行くからその授業出ると都合が悪いから
※ただし1日に5コマやる集中授業は1日欠席した時点で欠格条件にあてはまり、単位でない場合があるので注意
 そして怖いのが、1回こういう理由をつけて休むと、他の授業も同じ理由をつけてスパイラルしてしまうことです。
授業を自分から休みに行くことを「自主休講」 一日の授業を全部休むことを「自主全休」といいます。(公式な言葉ではないですが)
自主全休をすると、なんとなく生活が抜けてる感があります。また、自分は欠席してるにも関わらず、友達に代わりに自分の出席を書いてもらって「いたことにする」ことを代返(だいへん)といいます。と書きましたが、基本的には授業には出席しましょう。授業に来て得るものもあるでしょうし、なんせその分をあとから取り返すには大変な労力が必要ですからね。
休んでも友達や先生から怒られるようなこともなく「いないなら仕方ないね〜」「あ、いないんだ〜」という感覚に甘えてしまってる部分もあるかと。

生活支援

けがしたら

 高校までの保健室に相当する「保健管理センター」というセンターがあります。外国語センターの向かい側というかすぐそこというか近くです。学内にあるため診療費は無料です。無料ゆえに詳しい検査はできなかったり応急処置や観察ぐらいしかやってくれないという話も聞きます。「治療」したければやっぱ病院に行かなきゃダメなようです。保健室と同じですね。

支援室

支援室 
 支援室とは筑波大学と学生を仲介するまぁいわば職員室みたいなもので、下のような質問を一手に引き受けています。(上は筑波大学で体芸と並ぶぐらい大きくて中枢を握る3A棟2階にある三学支援室ですが、他の支援室もだいたい似たような雰囲気です)
・履修、成績に関する質問
・住所変更
・授業料、授業料免除、奨学金、教職に関する質問
・全学計算機のパスワード忘れ、学生証紛失、自転車盗難、時間になっても先生が来ない
・休学、退学、留学に関する質問

・「授業開始時間になっても先生が教室に来ないんですが」(※実例)
・「3A409に筑波の学生ではない酒盛り酔っ払いがいるんですが」(※実例)
3A409
などなど学生生活に関わる手続きや質問は支援室と呼ばれるところで一括して受けています。支援室の中は役所みたいな感じでカウンター形式で職員と学生が立って話する感じです。高校までのような先生が和気藹々と話している雰囲気とは異なり、支援室にいる人は授業の先生ではなくあくまで大学職員なのでそのような光景は見られません。授業の先生とは独立した組織です。
 基本的に各学類に固有する専門的な質問はその学類に対応した支援室へ、ということになりますが学類に関係ない事項であればどの支援室でも受け付けています。
・人文社会エリア支援室(大学院教務):1A棟3階
・数理物質エリア支援室(大学院教務):1A棟3階
・システム情報エリア支援室(大学院教務):3A棟の2階。「シス情エリア支援室」と略されます。
・生命環境エリア支援室(大学院教務):2B棟3階
・人間エリア支援室(大学院教務):2A棟2階。教室の中に作られてる感じでおもいっきり職員室オーラがしますね。さすが人間。
・体育芸術エリア支援室(大学院教務):5C棟の体バチ(超広いラウンジ)の向かい側にあります。5C自体余裕を持って作られているため支援室もかなりの広さです。
・医学医療エリア支援室(大学院教務):4A棟2階
・図書館情報エリア支援室(大学院教務):7B棟2階
 どこも雰囲気は役所みたいなオーラを発しています。
入っても職員の方にはスルーされます。対応する部署に行き「すみません」と声をかけなければ反応してくれないので入るのに抵抗がでてくるかもしれませんが、自分から動かなければ何も始まらないのが大学です。
高校のように先生が全部手配してくれるような甘い身分ではないのです。大学を自分で選んで願書も書いて送って試験も自分で受けにいったあたりからそうゆうのが始まってる予感がします。
*他大学とは異なり、6限の終了を待たず17時に閉まる上に昼休み(1時間)までとるので、こちらが時間調整しないといけないのは辛いです。学生数が多く業務量も多い事情もあると思いますけど。

レポート提出ボックス

 3A棟など多くの場所に、レポートの提出・返却ボックスがあります。郵便ポストが何十段にも重ねられているような感じで、先生の科目の枠があるのでそこに提出します。
授業の中では「3A棟のレポートボックスの私宛に何月何日何時までに提出してください」といった感じでアナウンスされます。
17:00など〆時刻が指定されている場合、支援室の職員が手作業で回収して先生に提出する仕組みです。数分の猶予は許されるかもしれませんが・・・ 責任は負えません

先生(教職免許)になるには

・入学してからの手続き

入学後、4月20日ぐらいに支援室に出向き「教職の免許とりたいんですけど」と言う
申込用紙をもらうので担任とコンタクトを取って面談(担任にメール投げるかフレセミの時に話すとかして何時にどこで会うとか自分でアポとるんだよ!)、その用紙にサインしてもらう
再び支援室に出向き申込用紙を提出。「教職シラバス」を受け取る。掲示を見て教職の集中授業や毎週の授業をとっていく。2年次以降、年に1回年度始めに「教職カルテ」を提出。これを提出しなければ教育実習は受けられない

・指定された授業の単位をコンプリートすれば卒業時に教員免許!
・教職科目は卒業に必要な自由単位としては認められない

奨学金

 ぶっちゃけ借金です。消費者金融 学生支援機構
筑波大学ではおそらく7割近い学生が奨学金で生活をやりくりしてます。(奨学金+バイト、など)
理由としては、お金がないと何もできない世の中で、学業に専念するという誓いをするだけでお金が手に入るのは安心感があるからかな。
審査も比較的甘く、経済的に困窮しているという事情が優先されるので通りやすいです。なぜ通りやすいかというと給付ではなく貸与というのもありますが。(貸与=後で返さなきゃいけない)
 奨学金と同様に学内で有名なのが「授業料免除」です。こちらも申込や証明書類が必要になると思いますので支援室の職員に聞いてみてください。
奨学金
・まずはガイダンスに出ましょう。ガイダンスで申請資料一式が配られます(ガイダンスの日や場所がわからなければ入学してすぐ(数日中)に支援室に聞きに行きましょう)
・住民票や源泉、高校の成績証明書など必要書類を揃えて期限までに支援室へ。ギリギリに駆け込む人が毎年多いので注意。支援室が閉まるのは午後5時です。ここで書類審査にとおるとWeb申請用のIDとパスが配布されます。
実際、最終日数十分前に駆け込んでその場で源泉だけ足りないと言われ「遠いんです無理なんです!!知らなかったんです><」と必死に訴えて人情で「じゃあ後日でいいよ」と言ってもらいIDもらってる光景を見ましたが、綱渡りはやめましょう。
・IDとパスを使って電子申請。
・数週間後再び支援室に出向き、学生証を見せて奨学生採用の場合は誓約書などが入った資料一式が渡される。親の署名などもあるので書いて提出
・すべての書類チェックの時点で異常がなければ、5〜7月に初振込(予約採用、在学採用など時期によって振込時期は異なる)
高校の時点から申し込んで予約採用確定の場合はみんながうらやむ4月に振り込まれる人もいます。在学採用の場合は大学で書類審査されるため2ヶ月ぐらいかかり6〜7月振込です。
 その他民間の奨学金を活用するのも手です。面接審査などを経て合格すれば返済の必要がない給付型の奨学金をもらえたりもします。すごい人は給付で評価される、これ実はアメリカなどではこのスタイルだったりします。

期末テスト

期末試験黒板  期末試験プロジェクター
・全学で期末テスト期間がとられる(11週目) 10回目の授業で予告されます
教授は「期末試験」と言いますが、学生達の間では「期末テスト」 高校の時の感覚ですね
・各教科授業してた教室でやるのが基本(先生によっては別教室で試験する場合も)
・もちろん点数的にアレでも単位出ませんが、それ以前にこれに出ないと絶対単位は出ない(欠格条件)

Twitterをはじめましょう(おすすめしません)

 筑波大学はTwitter大学ともいわれるほどTwitterをやってる人がかなり多いです。まるで学生証のごとくステータスになってます。新入生も先輩から洗脳を受けて入学後にアカウントを作る人が続出します。さらに友達の影響を受けて夏までにアカウントを作る人がさらに増えていきます。
Twitterをはじめる理由として
・友達とコミュニケーションがとれるから(笑)
・休講、レポートや課題などの大学に関する情報が手に入りやすいから
・みんながやってるから落とし物しても拡散してもらえそう
・テスト前、足りない講義資料や困ったことを相談できるから
・えりたんBOTにより時刻表や教室の情報が手に入るから
・代返などお願いできるから(笑)
とかいっておきながらおすすめしない理由として、中毒になりやすい依存性があります。やりすぎると、勉強の時間を奪って単位を落とすリスクを高めます。SNSのせいで必修の単位とれませんでしたというのはシャレになりません。無料のツールで留年させられて何十万という授業料を追加で払うというのはとんでもない代償です。あと、筑波大生のタイムラインは全体的に腐敗しています。愚痴はいいとして、俺すごいんだぜ自慢(RTでまわってくる)、下ネタ、試験や授業から逃げるツイート、自分の写真や行動を自慢して認めてもらいたいようなツイートであふれています。ストレスの発散道具としてTwitterがつかわれています。
 Twitterを自分の分身、思っていることをすべてつぶやくツールと考えると泥沼にはまります。それはちがいます。自分の一部です。TL見る頻度を減らす。人生のすべてではなく一部であるということ。 自分のやりたいことを優先する。TLなんて自分の人生全体から見れば何の価値もないです。
 完全に特定を避けたければ、プロフィールに学類などを書かない、アカウント持ってるか聞かれても持ってないと答える、授業の教室や内容に関することをつぶやかない(リプやRT含む)、鍵垢にしてつくばの人をフォローしない、という方法があるかな、と。
一人でも同じ大学の人間をフォローしてしまうと、思ったことをつぶやく→炎上→批判飛んでくる→リアルでもそういう人と思われる が現実となります。

Skype、Facebook、LINE(※やりすぎ注意)

 Skypeは私の中ではプライベートなツールというよりはグループに追加されたりパブリックな印象があります。FaceBook(FB)やLINEはそんなにやっていないので知りませんが、いずれもやり過ぎ注意です。Twitterが一番効率のよいSNSのように思えますが、どれも中毒性はあります。
最近はLINEのグループ機能(Skypeの部屋のようなもの)で比文LINEとかそういうものが作られているようです。すごい時代・・・。

旅しましょう

・実家に帰る?
GWや3連休や夏休みや冬休みや、ちょっとした休みを見つけてはすぐ帰省する人がいます。まあ、関東出身な方が多いからでしょうね。(私個人的にはいつまで親に依存してるんだ、って感じですが)
・それ以外のどこか
・青春18きっぷ

新幹線や特急を除く、全国のJR普通列車(各駅停車、快速、中央特快、新快速など)に乗車可能なきっぷ。
ただし販売期間、利用期間が限定されており、普通にJRで買うと5枚綴り12,000円なので1日しか使わない場合などは金券ショップなどで買った方が割安。

・新幹線

安く、当日に買ってもほとんど料金変わらず、手荷物検査やらがないのが魅力。飛行機のように出発15分前にどうのこうの、と時間に余裕を持った対応を求められず、発車1分前でも乗れるので時間にルーズな人は尚よい。ただ繁忙期だと指定がとれず痛い目にあうことも。

・飛行機

ANA・・・家庭的。「旅行」を楽しむのにおすすめ。すべての客にジュースくれる。呼び出して飴などもらうことも
JAL・・・企業的。ビジネス的な雰囲気。客へのサービスはない。
LLC(格安会社)・・・区間も限定され本数も少ないが安い。1週間前でも半額で乗れるがクオリティも半額。
大手の旅割14,30も数ヶ月前から予約すれば定価の半額程度(下手すると新幹線より安い)


上部へ - トップ - つくば - 授業 - お店 - 用語 - Q&A